ブルーライトの影響

人体に影響を与えるブルーライト

最近、懸念されている「ブルーライト」による人体への影響。あらゆるところで取り上げられているため、どこかで聞いたことがあるでしょう。

ブルーライトは主にパソコンから発せられると言われていますが、実はさまざまな“光”に含まれているのです。電球の光もそうですね。

ですので「とにかくブルーライトをカットしよう!」と、神経質になりすぎる必要はありません。あまり神経質になるとストレスがたまってしまいます。

さて、ではブルーライトは人体にどんな影響を与えるのでしょうか。代表的なのはやはり「眼精疲労」です。

パソコンで仕事をしていると目の疲れを感じますよね。そして、目が疲れるのですから視力も低下しやすくなります。

さらに「睡眠障害」も挙げられます。夜遅くまでパソコンを操作していたらなかなか寝つけなくなった…そんな経験はパソコンが好きな人なら誰にでもあると思います。

これもブルーライトが原因のひとつだと言われていますね。

こういった影響を防ぐためには「ブルーライトカット」のレンズを使った、いわゆる「PCメガネ」がいいと言われています。

特に深夜までパソコン操作をしなければならない人はあった方がいいでしょう。パソコン操作が昼間だけなのであれば無理をしてPCメガネを作る必要はありません。

メニュー


お気に入りサイト

Copyright(C) 2014 ちょっと面白い思考回路 All Rights Reserved.